たまった写真を有効活用したい

      2016/09/27

ストックフォト関連アイキャッチ

 今回は思いっきり宣伝です!!!

Tack-MA
写真売ってみることにしたんだ!
心の友
すごいじゃん(棒)
Tack-MA
・・・

advertisement

ストックフォトに登録してみた

ハードディスクに入れておくだけじゃもったいないな…

写真を趣味にしているとたくさんの写真が溜まってきます。気がつけばハードディスクのなかは写真のデータでいっぱい。すっかり肥やしです。せっかく撮った写真ですが、置きっぱなしなのはなんだかもったいない。趣味なのでそもそも自己満足ではあるんですが、結構自信作もあるし日の目を見せてあげたい。うまく使いたい。というか、なんとか実益が兼ねられれば家族にも大手を振って機材を買える!

PIXTAで試しに売ってみよう

どうやら写真は売れるらしいというのを知ってPIXTAというところに登録してみました。

ここ→写真・イラスト・動画素材販売サイト【PIXTA(ピクスタ)】

「素材を販売したい方はこちら>」というところをみると詳しいことが書いてあります。「ストックフォト」などで検索してもいろいろな情報が出てきますね。今回PIXTAにしてみたのは、とりあえず検索したら上の方に出てきたからという安易な理由です。

クリエイター登録は割と簡単、販売までの手続きは…

登録はやる気と勢いで割とすぐに終わりました。ただ、最初にアップロードできる枚数は…10枚!思ったより少ない!厳選せねばとハードディスクをひっくり返しましたがこれがなかなか難しい!

  • 企業のロゴなどが写り込んではダメ
  • 人物が特定できる場合はモデルリリース(肖像権の同意書)が必要

などなど注意が必要らしい。むむむ…

タイトルとタグをつけて審査へ

厳選した10枚にタイトルと写真に関するタグを付けたら審査へ。この辺りから10枚でよかったと思い始めます。タグ付けは最初なれませんでしたが「撮ったもの」「場所」「屋内or屋外」「朝or昼or夜」などなど5個ぐらい付ければあとは関連しそうなものが自動で出てくるのでなんとなくわかってきます。

あとは祈るのみ

今回手持ちの風景写真などから10枚すべて審査に出してみました。売れるものなのか、そもそも審査は通るのか…

まとめ

PIXTAに登録した感想と宣伝でした。もしよければ私の作品もみてみてください。
登録した写真はバーナから見れます。よろしくお願いします。→写真素材 PIXTA

Tack-MA

最後まで読んでいただきありがとうございます。
趣味の写真の”半歩進んだ”楽しみ方をテーマにブログを書いています。
少しでも気に入ってもらえたら、twitterのフォローやFacebookページの”いいね”をもらえると嬉しいです。
twitterとFacebookページは下の丸いアイコンからアクセスできます。

 - ストックフォト ,