多摩川の河口ってどんなところ?気になったので行ってみた

      2016/10/12

多摩川河口

みなさん、多摩川の河口って行ったことありますか?というか河口ってどこかご存知ですか?
多摩川の河口ってどんなところなんだろう?と気になったので行ってみました。

advertisement

そうだ、多摩川の河口へ行こう

ちょっと気になったんです。川と海の境目ってどうなっているんだ?って。写真を撮るところをGoogle Mapを眺めながら考えていたらちょうど多摩川があったので行くことにしました。きっと何かあるに違いない!

多摩川の河口の場所


ここです。Google Mapで多摩川サイクリングロード(右岸)と書いてある場所が多摩川の河口です。どうやらここより先は海ということらしいです。

多摩川河口への行き方

Google Mapのルート案内を使うとどうも道なき道を指示されます。そこ私有地っぽくないか・・・?。ということで私は京急大師線の小島新田駅から土手沿いに行きました。

土手をフラフラ散歩する

続く土手道

多摩川の土手

晴れた休日に河原の土手を散歩するって気持ちいですよね。しかし多摩川ってデカいなぁ。なんだか遠近感がなくなってくるぐらいずーっと土手が続いています。

たまにある流木

多摩川の流木と東京モノレール

というかデカすぎて何撮っていいやらって気分になったので流木を撮ってみました。多摩川の河口付近なので羽田空港に止まっている飛行機や東京モノレールが見えたりします。ただこの焦点距離は300mmで手持ちのレンズのMAXの望遠でした。もっと焦点距離の長い望遠レンズを持っていたらまた違った写真が撮れそうだなぁ。

猫ちゃんとの出会い

多摩川の土手にいた猫

土手を歩いていると野良猫がいました。かなり人懐っこいみたいで近くに寄ってきます。すまん、何も持ってないんだ。

羽田空港を飛び交う飛行機

羽田空港に着陸する飛行機

河口が近くなると飛行機もよく見えるようになってきます。飛行機の音って外で聞くとすごいんですね。対岸まで離れていても飛行機の轟音が聞こえます。離着陸の頻度も思っていた以上に多いのでぼんやり眺めていても意外と楽しいです。ただこれも300mmで撮っているのでじわじわと望遠レンズが欲しい欲求に駆られます。ガマンだ!

河口に到着

多摩川の河口

河口に到着。結構歩きました。写真を撮りながらですが小島新田の駅から小一時間ぐらいでしょうか。左手奥に羽田空港が見えます。右手側の手前に工場もありますが、そこはもう海ということらしいです。なんだかああいう工場の設備っていいですね。男のロマンを感じます。夜にくるとまた雰囲気ありそうだなぁ。ここは工場の写真を撮るときの秘密のスポットにしよう。

ちなみにかなり辺ぴなところですがポケモンGOをやっているらしい人はいました。何かいるのか・・・。

タイトル「とまり木」

多摩川の流木と黒い鳥と飛行機

河口まで行き着いたのでフラフラとまた元来た道を帰ります。流木にとまる黒い鳥と飛行機を一緒に撮ってみました。

次はあの橋を目指そう

多摩川とタンポポ

休日の昼下がりという雰囲気がとても気持ちよかったのでもう少し散歩することにしました。とりあえず向こうに見える大師橋を目指します。

多摩川アンダーザブリッジ

大師橋の下

のんびり歩いて小一時間ぐらいで橋の下に到着です。前にどこかの写真展でみた写真を真似て撮ってみました。なかなか迫力ある写真が撮れたと思います。ただ、ここは野球少年たちが練習している横にアンダーザブリッジな方々がいるというなかなかカオスな空間なので全面的にお勧めできないスポットです。

日も暮れてきたしそろそろ帰ろうかな

多摩川の旧新日鐵水門

日が暮れてきたので帰ることにしました。夕日が綺麗です。

まとめ

何があるというわけでもありませんが、たまにはただただゆったりとした時間を過ごすのもいかがでしょうか。


広告 ネットでデジカメプリントをオンライン注文!「フジデジタルピクチャーズ」


 

Tack-MA

最後まで読んでいただきありがとうございます。
趣味の写真の”半歩進んだ”楽しみ方をテーマにブログを書いています。
少しでも気に入ってもらえたら、twitterのフォローやFacebookページの”いいね”をもらえると嬉しいです。
twitterとFacebookページは下の丸いアイコンからアクセスできます。

 - スポット情報 , , ,