あなたの写真もゴミだらけ!?センサーダストをいろいろな方法で掃除して効果を比べてみた

   

鉄塔と多摩川

Tack-MA
あ〜、なんか点が出てる。レンズにゴミが付いてたのかなぁ。さっきも付いてたしレンズ綺麗にしとかないと。
Tack-MA
・・・・・・・・・
Tack-MA
さっきのって違うレンズで撮ったやつだ! これってもしかして・・・

advertisement

気がついたら付いている一眼レフのセンサーダストの恐怖

鉄塔と多摩川とダスト美しい空のグラデーション。綺麗に撮れたとちょっと悦にひたっているとふと気づくのです。黒い斑点が3つある。ちょっと嫌ですよね。特に左上なんか目立ってます。

でも、本当の恐怖はここからです。

レンズにゴミでも付いたかなーいやだなーなんて思いながら他の写真も見ていると、気づくのです。あぁ、こっちにも、この写真も付いてる・・・ちょっと待って、こっちの写真はレンズ変えたはず・・・

ぎぃやあぁぁぁぁ

それはレンズのゴミなんかじゃありません。カメラのセンサーについたゴミ、センサーダストです。こいつは厄介なことに全ての写真に斑点を残していくのです。

センサーダストとの戦いの記録

ということで、つい先日私のカメラのセンサーにゴミが付いていることが発覚しました。いやほんと凹みます。自信作から何から全部斑点がついているのです。まさに汚点です。そして気になりだすと止まらなくなります。どの写真をみても同じ場所が気になってしまい、やっぱり斑点が・・・。 こうなったらどうしても取りたい!今回は私とセンサーダストとの戦いの記録をお伝えします!

まずは敵を知る!センサーダストの確認方法

まずはこれがほんとにセンサーダストか確認します。敵戦力がわからなければ対策も立てられません。センサーダストの確認方法については Studio9 さんの記事を参考にさせていただきました。

⇒ 本当は怖い。。カメラのセンサーゴミをカンタンに確認する方法!

では現状を見てみましょう。

一眼レフセンサー清掃前

うわっ、3つどころじゃないですね、60個ありました。ははは・・・。 (10個ごとに色を変えています)

センサーダストの取り除き方いろいろ

センサーの清掃方法はこの3つがあります。

  1. カメラのイメージセンサークリーニング機能を使う
  2. 風で吹き飛ばす
  3. 専用の清掃道具で直接センサーを拭く

3番めちゃくちゃ怖いんですけど。またすぐ旅行に持っていく予定なので万が一のことがあると修理は確実に間に合わない・・・。

怖くない方法の効果を比べてみた

今回は怖くない方法で掃除しました。

Tack-MA
今日のところはこのぐらいにしておいてやる!

1. イメージセンサークリーニング

カメラについている清掃機能です。1回実行してみました。

イメージセンサークリーニング後

55個になりました。一応減っています。ただ大物はビクともしていない様子・・・

2. ブロワーで吹き飛ばす

ブロワーで思いっきり吹き飛ばしてみました。

ブロワー後

ちょっと動いていますね。50個になっています。これでもか!という気持ちを込めて吹いてみたのですがちょっとビビりすぎたかもしれません。本体をひっくり返して中にブロワーの先を入れて吹くので若干恐る恐るな感じが出てしまったようです。

3. Fujinで吹き飛ばす

Fujinというのはこんなやつです。

レンズの代わりにファンが付いています。一眼レフに取り付けてスイッチを入れるだけで掃除が出来るという便利グッズ。これで1分間ほど掃除をしてみました。

fujin後

なんだか結構動いています!細かいのは結構飛んでいった印象!結果は・・・46個! うん、真ん中あたりはすっきりしています。 なんだかコメントしにくい結果になってしまいましたがブロワーに比べてかなりお手軽でした。

結局は・・・

一番気になる左上のゴミはどうもビクともしてくれませんでした。今回はサービスセンターに持ち込んで清掃してもらうことにします。

まとめ

  • センサーダストの恐怖に見舞われる
  • お手軽清掃方法を実践して比べてみた
  • 細かいゴミは取れそう・・・ただコメントしにくい雰囲気
  • 私は今回の戦いは見事敗北を喫する
Tack-MA

最後まで読んでいただきありがとうございます。
趣味の写真の”半歩進んだ”楽しみ方をテーマにブログを書いています。
少しでも気に入ってもらえたら、twitterのフォローやFacebookページの”いいね”をもらえると嬉しいです。
twitterとFacebookページは下の丸いアイコンからアクセスできます。

 - カメラ・レンズ , ,