写真の”ねだん”を計算してみる

      2016/09/04

写真の”ねだん”を計算してみる

魚釣りが趣味の我が家の父。スーパーで売ってる魚と釣った魚の値段を比較しては、「元を取った!」と母親にアピールしています。大抵は「あの日はハンバーグの予定だったのに」とか「ちゃんとキッチン片付けてなかったでしょ!」とかという返しをされるので、振り回される母親はあんまりいい印象を持っていないようですが。

そんなやりとりを見ていてか、私の趣味の写真の”ねだん”ってどれくらい?と気になったので考えてみました。

”カメラ=お金がかかる”というイメージ

趣味を聞かれた時、カメラと答えると多くの人が、「じゃあ高いカメラ持ってるの?」と聞いてきます。

ハイ。

持ってます。

高いレンズも持ってます。

やはり世の中では正しいイメージを持たれているようです。ハマったらもう大変ですね。”レンズ沼”という言葉を考えた人、感心します。オールドレンズから最新のレンズまでまさに底なし沼。私は違いのわからない男なので、プラシーボ効果を疑いながらも、「これがいいらしい」と聞くとついつい欲しくなります・・・。

物欲に任せて買った機材たち

私は Nikon D800 と24-70 F2.8、SB-5000を持っていることは 結婚式に呼ばれた時に持っていく機材は何がいい?の記事でも触れました。そのほかに、夜景の撮り方の解説を見れば三脚を買い、カメラやレンズにカビが生えるらしいと知れば防湿庫を買い・・・。人間の欲というのは恐ろしいものですね・・・。

さてさて、いろいろと持っているものの値段を合計すると・・・なかなか家族に堂々と言えるお値段ではなくなっておりまして・・・ざっくりと・・・100万円ぐらいですかね・・・。諸先輩方に言わせるとまだまだなのでしょうか?

世の中の写真の相場はいくら?

修学旅行の写真 100円でも高い

小6の息子が修学旅行に行きました。
そのスナップ写真がLサイズで100円です。
全て業者が撮影したそうですが、高いと感じました。

さすがにキレイに撮れてますが、金額的にはいかがでしょうか?

(引用:yahoo!知恵袋,http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q148388304

身近な感覚だと修学旅行に帯同するカメラマンが撮った写真。100円で高いと言われています。この質問に対するベストアンサーは”プロが撮って100円なら安い”でしたが、いろいろ見ていると100円でも賛否両論分かれるみたいです。

証明写真 写真機で117円、撮ってもらって375円

駅前などにある証明写真機は1回700円ぐらいのようです。サイズにより印刷される数が違うようですが免許証用で6枚ぐらいまとめて印刷されるので1枚117円ぐらい。私は証明写真機での写りがいつも悪いので写真屋さんに撮ってもらっています。先日は4枚+データ付きで1500円ぐらいでした。なんと1枚375円という結果!身分を証明するものとはいえ、値段という観点でいえばこちらが上になりました。

写真で元をとってやる!

新しいカメラやレンズが発売された。もう欲しくて欲しくてしょうがない。でも、「あなたこの前買ったばかりじゃない!」となんだか雲行きがあやしい。そんな時、「いや、もう十分使っているんだ。」「ほら、元は取れているだろ。」とかって説得できませんかね?やっぱり難しいですかね?

前述の相場から私の撮る写真は1枚100円ぐらいでしょう。撮影した画像データからカメラのトータルのシャッターカウントを確認できるので見てみましょう。さて、元は取れているのか!

累計撮影枚数

シャッターカウント7,492でした。約75万円。もうちょっと!

というか、ここまでやっておいて気づいたんですがこの計算、3,000枚も撮れば高いカメラ本体の代金ぐらいは元が取れることになるんですね。3,000枚ってよく撮る人はすぐいきそうな気が・・・。

その瞬間はプライスレス

その瞬間はプライスレス

お金お金とがめつい話ばかりしてきましたが、嬉しかったことや楽しかったこと、自分が見て感じたことがちょっとキレイに残る。それが写真の楽しいところだと思います。修学旅行写真と証明写真の値段でも感じましたが、ベクトルが違うにせよ写真はお金ではないのでしょう。

まとめ

いかがでしたか?”お金”という観点で”趣味の写真”について考えてみました。皆さんも計算してみるとおもいしろいかもしれません。


よければこちらもお願いします → 写真素材 PIXTA

にほんブログ村 写真ブログへ

Tack-MA

最後まで読んでいただきありがとうございます。
趣味の写真の”半歩進んだ”楽しみ方をテーマにブログを書いています。
少しでも気に入ってもらえたら、twitterのフォローやFacebookページの”いいね”をもらえると嬉しいです。
twitterとFacebookページは下の丸いアイコンからアクセスできます。

 - カメラ・レンズ ,