【PIXTA】写真が売れるまでに必要な枚数は・・・

   

ストックフォト関連アイキャッチ

ストックフォトでちょっとしたお小遣い稼ぎをしてみたいとお考えの方や、始めたばかりだけどどのくらい収入につながるのか気になる方。半年ばかりPIXTAというサービスで写真の販売をしてみた私の経験を少しお話ししてみたいと思います。

advertisement

 

どれくらいの収入が得られるものなの?

ストックフォトを始めようと考えている人、始めたばかりの人、なぜストックフォトを始めたのでしょうか?もし、手っ取り早く収入を得たいと考えているのでしたらこのサービスではなかなか厳しいのではないでしょうか。もちろん、ストックフォトで十分な収入を得ている人や、普通に会社員をしていてもなかなか得られない収入まで得られている人もいると思います。私自身、PIXTAで収入を得ている方の特集記事を読んで始めてみようと考えました。

では、実際どのくらいの収入が得られたかというと・・・数百円程度です。

どのくらいから売れ始めるの?

もしあなたがPIXTAでストックフォトを始めたばかりでしたら、きっとワクワクしながら自分の販売している写真を眺めていることでしょう。最初の10枚はいつ売れるか・・・誰か買ってくれないか・・・そうして時間が経つにつれ期待がイラ立ちに変わってくるかもしれません。

私の販売した写真が始めて売れたのは、始めてアップロードしてから5ヶ月ほどしてから、50枚前後写真を販売してからでした。それなりに気長に続けないといけないようです。

私がストックフォトを続ける3つの理由

なかなか売れず、しかもあまり大きな収入につながらないストックフォトをなぜ私が続けているのでしょうか。

1. 時間に縛られない

会社に勤めているなど1週間のほとんどの時間が取られている、仕事の波があって忙しい時は他のことをする余裕があまりない時なども、撮り溜めからよさそうなものをピックアップしてアップロードするだけなので大きな負担になりません。

2. リスクがとても低い

もしあなたがお店を始めてモノを売るとなった時のことを考えてみてください。商品や材料を仕入れるだけで費用がかかってしまいます。さらに、商品が増えるとスペースを考えなければいけません。商品が売れなかったら丸々損。でも、デジカメでとった写真の場合、売る商品は無限に生み出せるうえ、ほとんどスペースを取りません。消費期限などもないため、続ければ続けるだけ商品が増えて行く。利益が少なくても魅力的です。

3. 写真を撮るのが好き

なにより写真を撮るのが好きなんです。続けるだけで写真を撮る理由ができる。アイデアが湧きます。それに、写真は撮っただけ上達するとも言います。毎月一定のクオリティ以上の写真を撮り続けるというのも上達につながると思います。

まとめ

ストックフォトはなかなか利益に繋げるのは難しいですが、ゆっくりローリスクで続けるのが好き、そもそも写真が好きという人には向いているのではないでしょうか。


広告 ネットでデジカメプリントをオンライン注文!「フジデジタルピクチャーズ」


 

Tack-MA

最後まで読んでいただきありがとうございます。
趣味の写真の”半歩進んだ”楽しみ方をテーマにブログを書いています。
少しでも気に入ってもらえたら、twitterのフォローやFacebookページの”いいね”をもらえると嬉しいです。
twitterとFacebookページは下の丸いアイコンからアクセスできます。

 - ストックフォト ,